地盤に関する情報を適切なかたち且つ適切な価格で手に入れる。人間活動の大部分が地上か地下で行われる以上,このような必要性はどんな人にも起こりうる。土地を売り買いする,建物をはじめ各種の構造物を建設する,土地を使って動植物を生産する,土地にそなわった自然環境を管理する。

 こういった活動をするときに地盤に関する情報が必要になるのだが,たいていの人が地盤の工学的特性には不案内であるから,誰か専門家に調査を頼むことになる。

 専門家以外のこのようなユーザーにとっても,『実用 地盤調査技術総覧』がたいへんに役に立つ。地盤調査の百科事典ともいうべきものが本書であるから,必要に応じて拾い読みすればよい。専門家に依頼するまえにさっと見ておくだけでもある程度の予備知識がえられる。地盤調査の専門家でなければ正確に理解できない部分も出てくるかもしれないが,それでもだいたいのことは頭に入る。子育て中の母親が家庭用の医学書を常用するのと基本的には同じ使い方をすればよい。事務所に1冊ぐらい常備しておくと,ずいぶん役に立つであろうと思われる。

 地盤調査の大御所がそろって執筆しているのが本書であるから,専門家にとってもたいへんな価値がある。最新の技術を勉強するにも不案内な分野を概観するにも便利である。

 

監 修 太田 秀樹